スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【地域】人知れず無数のUFOが飛来する町?

昔の子供たちはテレビでUFO関連の番組を見ると、すぐにそれに影響されて、興奮して毎日のように夜空を見上げたりしたものだが、最近では一生懸命空を観察しなくても、わりと簡単にUFOが拝める場所というのがあるようだ。




本誌編集部では読者からの投稿を元に、このほと、静岡県の最南端・下田市へと向い、現地取材を敢行した。
「地元では割と知ってる人もいるんじゃないですかね。ただ、基本が高齢者ばかりの町なんで、夜は早く寝てしまう家が多いんですよ(苦笑)だからいくらUFOが飛びまくっていても、誰も気付かないんじゃないですかね」(地元フリーター)。




なんでも、聞くところによると下田市は、以前からUFO愛好家たちの間では知る人ぞ知る観察スポット。一晩の間に数機を一度に目撃できたケースもあるのだという。最近ではそうした噂を聞き付けて、全国各地から集る愛好家たちが増えつつあるようだ。

「それがホントなら嬉しいですね。是非とも観光資源として活用できれば…」(地元観光業者)。かつて黒船に乗ったペリー提督がやってきた“開港の町”である下田。もしかすると異世界の人々にとっても、ここはそうした意味を持つ場所なのかもしれない。<文化部デスク>


★デコメ完全無料!!




スポンサーサイト

【オカルト・心霊】自分の●●が見えてしまうサイト

流行するのは何もファッションやグルメだけではない。最近では心霊モノにも、流行り廃りがあるようだ。

編集部に情報を投稿してくれた都内在住の現役大学生・青木勇太郎(仮名・20)さんは、自身が目撃したという“とある携帯サイト”について次のように証言する。「スパムメールで紹介されていたサイトから、いくつか経由してそのサイトにアクセスしたんですが、なんか不気味なので、僕は中に入りませんでした。後日、友達に聞いたんですが、そのサイトは、アクセスして最後に現れるページに、自分の死に顔が映し出されるっていう話です。見なくてホントによかったですよ」。

ここではあえてそのサイトについてはご紹介しないが、なんでもそのサイト、目下中高生の間で爆発的なヒットになりつつあるという。ホント、最近は何が流行るか分からないご時世だ。

<文化部デスク>



★あの恋の行方は?人生ゲーム恋愛版

【オカルト・心霊】田●都●線の少年

昔から10代の少年少女の間では、実に様々なオカルト話が広まるが、最近、流行っているものの中に、“田●都●線の少年”というものがあるらしい。なんでも、同線の日曜日の中●林●行き最終列車の最後尾車両、二●玉●~た●プ●ーザ駅間で、子供の霊が出現するというのである。ある霊能者によると、その霊の正体は夏休みの終わりに、多摩川での川遊び中に水難事故で亡くなった子供のものだという。つまり、その子は自分が川で溺れたことをいまだに気づかず、多摩川から自宅へと帰宅しようとしていると推測されるのだ。もっとも、その少年が家族の待つ自宅へたどりつくことは永遠にないのだが…<街ネタスナイパー>




今人気の小池徹平&相武紗季のコンテンツ!


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。