スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外】ニューヨーカーたちの間で“アレ”が大流行?

なにかと新し物好きのニューヨーカーたちだが、最近彼らの間では、日本の“とあるもの”が大人気なのだという。「まず彼らの感覚的に、形が斬新。まずあの大きさのもので、ああいう形のものは、欧米圏では見かけないものですからね」(米国在住経済アナリスト・ケビン=アオキ氏)。

“とあるもの”とは、ズバリ剣山(ケンザン)。そう、華道で花をいける際に用いるあのトゲトゲとした物体のことだ。最近では自身のブログ上などで日本発のアイテム“KEN-ZAN”の新たな使い道などを紹介することもささやかなブームになっているという。

ちなみに、そんなニューヨーカーたちの間で、現在一番多い“KEN-ZAN”の使い道は「牛肉の筋切り」。どのように使うかはイマイチ定かではないが、日本の剣山が、アメリカ家庭のキッチンのマストアイテムとなる日も近い!?<ニューヨーク支局・Naomi Honda>





スポンサーサイト

【オカルト・心霊】自分の●●が見えてしまうサイト

流行するのは何もファッションやグルメだけではない。最近では心霊モノにも、流行り廃りがあるようだ。

編集部に情報を投稿してくれた都内在住の現役大学生・青木勇太郎(仮名・20)さんは、自身が目撃したという“とある携帯サイト”について次のように証言する。「スパムメールで紹介されていたサイトから、いくつか経由してそのサイトにアクセスしたんですが、なんか不気味なので、僕は中に入りませんでした。後日、友達に聞いたんですが、そのサイトは、アクセスして最後に現れるページに、自分の死に顔が映し出されるっていう話です。見なくてホントによかったですよ」。

ここではあえてそのサイトについてはご紹介しないが、なんでもそのサイト、目下中高生の間で爆発的なヒットになりつつあるという。ホント、最近は何が流行るか分からないご時世だ。

<文化部デスク>



★あの恋の行方は?人生ゲーム恋愛版

【芸能】某プロダクションに“ある勢力”が急接近?

最近、テレビなどで出ている某プロダクションのタレントたちを見て、「あれ?なんでこんなに韓国系のイベントに出てるの?」と思った人も少なくないハズ。というのも、連日、その事務所の所属タレントたちが、韓国系のドラマに主演したり、韓国系企業のイメージキャラとして起用され、急速にメディア露出しはじめているからだ。

実はこの“怪現象”、ある業界関係者によると、複雑な事情があるのだという。「あの事務所は、もう何年も前から資金繰りが苦しいというのがもっぱらの噂。そこに目をつけたのが、韓国資本というわけです。たしかに、いくら金がないと言っても、所属タレントの顔ぶれはかなりのもの。安く買い叩けるのであれば、どんどん起用していきたいというのが正直なところでしょう」(ある業界関係者談)。

テレビなどではひたすら笑顔をふりまく某事務所のタレントたち。しかしその顔の下には、彼女たちなりの苦悩が隠されているようだ。<芸能デスク>

○懸賞格闘ゲーム!
スト懸ファイト☆





【スポーツ】M選手のパワーはキャバクラの賜物!?

今年から海を渡った海外で活躍しているスポーツ選手・Mは、以前から都内の某有名キャバクラの常連というのがもっぱらの噂。しかしそんなキャバ好きの彼が、新天地として選んだのはキャバクラが一切ない地域。なんでも、移籍を機に奥さんからキツ~くクギを刺され、シブシブ本人が了承したとか。Mの活躍はやっぱり奥さん次第!?<スポーツデスク>


【地域】あの人気アニメのヒロインと瓜二つの現役女子高生

昨年放映され、大ヒットとなった人気アニメ『涼●ハ●ヒの憂●』。そのヒロインである涼●ハ●ヒと瓜二つの容姿を持つ現役・女子高生が、青森県加上北郡にいることが、このほど明らかになった。アニメの第1話が放映されると、その直後から「似てる!」という声が同級生たちから相次ぎ、第5話が放映された頃には、どこからか噂を聞きつけて、彼女の姿をひと目見ようと、他校からわざわざ“見学”に来る猛者もいたという。「私自身はあまりアニメとか見ないので…」と当惑する本人をよそに、その人気は日を追うごとに加熱する一方だ。<青森特派員・きっちゅ>



【オカルト・心霊】田●都●線の少年

昔から10代の少年少女の間では、実に様々なオカルト話が広まるが、最近、流行っているものの中に、“田●都●線の少年”というものがあるらしい。なんでも、同線の日曜日の中●林●行き最終列車の最後尾車両、二●玉●~た●プ●ーザ駅間で、子供の霊が出現するというのである。ある霊能者によると、その霊の正体は夏休みの終わりに、多摩川での川遊び中に水難事故で亡くなった子供のものだという。つまり、その子は自分が川で溺れたことをいまだに気づかず、多摩川から自宅へと帰宅しようとしていると推測されるのだ。もっとも、その少年が家族の待つ自宅へたどりつくことは永遠にないのだが…<街ネタスナイパー>




今人気の小池徹平&相武紗季のコンテンツ!


【芸能】人気アイドルA“激ヤセ”説の裏には…【芸能】人気アイドルA“激ヤセ”説の裏には…

巷の芸能ニュースなどでも先ごろ話題になっているアイドル・Aの“激ヤセ”ネタだが、Aを知る業界人の間では、かねてより●●●中毒疑惑が囁かれている。つまり、ただでさえ仕事が多忙な上に、あまりに●●●にハマり過ぎてしまい、激ヤセしたというわけだ。<芸能デスク・粟元勝>


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。