スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会・事件】20年後、日本人女性の約7割が結婚できない?

ここ数年、30歳を過ぎても結婚しない女性を「負け犬」と言ったかと思えば、1人暮しをせずに実家住まいをする男性を「イエ男」と呼んで蔑んでみたりと、とかく独身男女をおとしめる風潮が大手マスコミによって喧伝されているが、先頃発表されたあるシンクタンクの試算によると、こうした傾向は年々強まり、約20年後の2027年頃には、およそ約7割の日本人女性が“結婚難”に陥る可能性があるのだという。


「晩婚傾向が強まって既に久しいですが、男性に限っては、一部の若い世代で既に極度の早婚化の兆しが見え始めています。一方、女性はというと、数年前から晩婚化の一途を辿っています。それでいて、新生児出生の割合は女性が増えつつありますので、この徴候が強まれば、2030年頃までに“男性青田買い”の状態になる可能性が高いと言えます」(イースト・リサーチ&キャピタルズ所長・加納氏)。

なかなか恋人もできずに悩んでいる男性諸氏からすれば、まさに夢のような状況だが、もちろん、巨視的に見るとこの現象は国家の存亡にかかわる大問題だ。「女性が余る現象になれば、当然のことながら、集団見合いなどで外国人男性を夫に迎えるケースも増えることでしょう。そうなると、海外へと移住する女性も増える可能性が高いので、最終的には日本の人口は激減、少子高齢化社会を支え切れなくなり、やがては破綻します」(前出加納氏)。

一説に、こうした現象が起きなくとも、約1000年後にはその血筋が絶えてしまうとさえ言われている日本人。果してその危機を防ぐ手立ては見つかるのだろうか。<社会部デスク>
▼元恋人への思いを告白できるBBS『女神のうしろ髪』
▼永久無料で確実出会い♪『ラブナビ』




スポンサーサイト

【スポーツ】低迷阪神、あの大物メジャーリーガー獲得の噂が再浮上?

目下泥沼の4連敗で、借金も遂に7となってしまった阪神。早くも首脳陣の更迭をはじめ、周辺では“大粛正”の噂が駆け巡っているが、ここへきて、昨オフ噂された大物メジャーリーガー獲得の噂が、再度取り沙汰されるようになってきた。その人物とは、何を隠そう、あの往年の名スラッガー、サミー・ソーサだ。

「既にフロントはシーズン途中での新外国人獲得に意欲的と噂されています。とはいえ、めぼしい面々は既に他チームでプレーしていますから、素材不足。そこで白羽の矢が立ったのがソーサというわけです」(某スポーツ紙記者)。

たしかにソーサといえば、ひと頃の華々しい活躍に反し、近年は明らかに不調。事実、今シーズンもマイナー契約からスタートし、ようやくメジャー昇格を果した状況だ。だが、そんなソーサですらも、今の阪神には必要なのだという。

「昨オフ、某外国人選手の讒言により、阪神はラロッカ(現オリックス)の獲得を見送ったといわれています。にもかかわらず、その選手が不振でラロッカは絶好調。さすがに答えは見えています。ソーサについては全盛期に比べて年俸も安いですし、今年限りということであれば、損はないでしょうね」(前出記者)。

一説には、仮にソーサが来日した場合、年俸は1億5000万円程度になる見通しだというが…獲得期限も残りわずか。果して、フロントの英断は下される日は来るのだろうか。<スポーツデスク>

▼MLB サミー・ソーサ直筆サインボール(ホームラン66号) (プレミアムグッズ)



【芸能】急死した人気アイドル歌手・ZARDにまつわる奇怪な噂

本日、入院先の病院で転落死していたことが伝えられたアイドル歌手・ZARDのボーカル・坂井泉水だが、かねてより彼女の周辺では、実にキナ臭い噂話が取り沙汰されていた。

「所属事務所とうまくいっていないとか、古株のスタッフに不本意なリリースを強要されているとか、彼女に関しては、なにかとあやしげな噂が絶えませんでしたね。一説には、闘病中にもかかわらず、彼女の容態を無視して、毎日のように“商談”に訪れる関係者もいたそうです」(音楽関係者)。

たしかにZARDといえば、90年代に大ブレイクし、現在も「出せばそれなりに稼げる。ある意味、数少ない“計算できる”アーティスト」(前出関係者)として知られている。そんな彼女が病が元で引退してしまえば、皮算用が狂ってしまうと嘆く人々も少なくなく、それを警戒した“業界の古狸”たちが日参し、闘病中の彼女を精神的に追い詰めていたとするならば…今回の彼女の死は、単なる事故とは思い難いフシもある。

現在のところ真相は謎に包まれたままだが、今はただ、彼女の御冥福をお祈りしたい。<芸能デスク>






【芸能】早くも元アイドル・Kに復帰の噂

相次ぐ不祥事により、事実上の引退に追い込まれてしまった元人気アイドル・K。しかも、元・相方であるTの電撃“中出し婚”が発表されたことで、復帰の道は完全に絶たれてしまったというのが実状だ。しかし、ここへきて、Kの身辺では早くも業界復帰に関する噂が取り沙汰されている。

「お笑い系のタレントとして復帰するという話が出ていますね。老舗芸能事務所・N、関西のお笑い系事務所・Yが、早くも水面下で調査に入っているとされています」(某女性誌芸能記者)。

たしかにKと言えば、その全盛期、ある意味その“素質”を既に感じさせていたのもまた事実。しかも“不祥事”と言っても、未成年アイドルとしては不祥事であるものの、過去の前例を鑑みた時、芸人として考えれば、大したレベルのものではない。だとすれば、俄然その噂話も現実味を帯びてくるわけだが…

「一応、不祥事でのリタイアなので、最低でも半年~1年、寝かす必要はありますね。それで完全に“大人”になった時点で再デビューと。もっとも、その時点で彼女に商品としての価値が残っていればの話ですが」(前出・芸能記者)。

半年~1年の間、テレビ出演がなかったら、よほどのことでない限り、その商品価値は暴落してしまうという芸能界。はたして、元アイドル・Kの復帰の日は来るのだろうか…<芸能デスク>






【芸能】一難去ってまた一難!代役アイドル・Aも危険度★★★★★!?

先頃、デキ婚を発表したアイドル・Tに代わり、彼女の所属していたユニット・Gに代役参加することとなったA。しかしこのAも、かねてより数々のゴシップで世間を騒がせてきたことは有名だ。

「Aはかつて男性アイドルシンガーと撮った熱愛プリクラや喫煙写真などをお宝雑誌に掲載されたり、某男性アイドルを通じて実姉と“棹姉妹”になってしまったりと、ゴシップ要素は盛りだくさん。そういう意味では目が離せない存在と言えそうです」(某女性週刊誌記者)。

まさに自由奔放な“性春”を送ってきたアイドル・A。今回は前任者が“デキ婚”で退却を余儀なくされ、その後釜としてのスクランブル登板となったわけだが、“炎上”する可能性も充分。その和やかな交代発表とは裏腹に、早くもその雲行きは怪しそうだ。<芸能デスク>


『■Four colors』

販売価格¥2,730@楽天ブックス





★全国2万台以上の提携ATMで利用可能。約10秒のスピード審査で即日が融資OK【スタッフィ】

【芸能】“デキ婚”発覚のS、今度は●●が発覚!?

 突然の“デキ婚”を発表し、世間をアッと言わせたアイドル・S&Tだが、相方の突然の“離脱”により、これ以上積極的な活動ができなくなったTは別として、そのお相手がSだったことで、業界内は早くも騒然としている。

というのも、アイドルSと言えば、以前、素人女性とのトラブルを引き起こしたことからも分かるように、“素人食い”で有名なプレイボーイ。一説には、過去に同様のトラブルを抱えたまま業界人との交際が発覚し、後に騒動となった男性アイドル・Yらのように、Sにも“隠し子騒動”などが持ち上がる可能性があると、多くの業界関係者は見ているからだ。

妊娠報告の席上で、新婦・Tと共「ごめんなさい」のひと言から会見を開始したS。はたしてその「ごめんなさい」の真意は如何なるものなのだろうか…<芸能デスク>

☆☆▼ブログやプロフを登録してアクセスUP!▼☆☆
ネコのマークの検索エンジンLINK★JP

【スポーツ】今季不振の某老舗球団、首脳陣に一斉粛清の噂

今季はセ・パともに混線の様相を呈しているが、そんな中、開幕前の下馬評とは裏腹に、予想外の低迷を続け、連敗の山を築いている某老舗球団。ここへきてクライマックスシーズンへの進出すら危ぶまれる不振ぶりが続いているとあって、早くもチームの首脳である監督やコーチ人事にメスが入るとの噂が持ち上がっている。

「昨オフの補強失敗に始まって、隠れ不良外人・Sの不振、Hの離脱に先発陣のコマ不足と、現在の状態は最悪です。さすがにこれではマズいということで、早くもオーナーサイドは監督人事に手をつけようとしていると噂されています」(球界関係者)。

今季不振とはいえ、既にリーグ優勝を経験するなど、現監督&コーチは実績的には申し分ない。しかしそんな彼らでさえも、今の成績が悪ければ首が飛ぶというのもまた、ある意味、同チームらしい展開ではある。だが、そんな同チームにあって時期指揮官と目されている人物は一体誰なのか。

「現在のところ、80年代にカリスマ的人気を誇った元斬込隊長・M、N監督時代に冷遇されながらも、代打の切り札として活躍した頭脳派・T、一番大物のところとしては、前オーナー時に気まずい関係だったために入閣入りが遅れてたかつての主砲・Kあたりですね」(前出関係者)。

今日現在、かつての固定ポジションであったBクラスで低迷を続けている同球団。はたして粛清人事が行われるのはいつになるのだろうか…。<スポーツデスク>




★借金問題コールセンター雅法律事務所

【芸能】なぜか葬り去られる有名タレントたちの暴行事件

ひと昔前までは、タレントによる暴力事件が発生すると、マスコミがこぞってバッシング報道をしたものだが、最近ではどうも勝手が異なってきているようだ。

「私の知る限り、今年に入ってから若手アイドル・芸人らの起こした事件だけで7件あります。しかし、御存知の通り報道は一切されていません」(芸能事務所関係者)。
誰も知らないような無名のタレントたちならまだしも、事件を起こしているのはすべてTVなどでしばしば見かける若手のビッグネームばかり。主だった面々としては「若手お笑いコンビのS、関西系アイドルのYなどですかね。珍しいところでは女性モデル・Oも騒動を起こしています」(前出関係者)。

もちろん、こうした事件が“なかったこと”にされてしまっているのは、勿論、“営業面”を考慮しての部分が大きく、所属事務所は示談金+αを被害者に差し出し、渋々了承してもらうことになるのだが、実はこうしたこととは別の要素も、大きく関係しているという。

「最近の業界は宗教や国籍問題など、実に様々な問題が複雑に絡んでいます。事務所的には警察沙汰もやむなしと思っても、彼らを広告塔にしているカルト宗教や、組織が“NO”と言えば、事実は闇に葬り去られてしまうのです」(前出関係者)。今や大物政治家や財界人でさえも簡単に背負っ引かれてしまう時代。そんな中でも、彼ら芸能人だけは“別枠”のようだ。<芸能デスク>

◇◆完全無料◆◇遊んで貯めれる♪

【地域】人知れず無数のUFOが飛来する町?

昔の子供たちはテレビでUFO関連の番組を見ると、すぐにそれに影響されて、興奮して毎日のように夜空を見上げたりしたものだが、最近では一生懸命空を観察しなくても、わりと簡単にUFOが拝める場所というのがあるようだ。




本誌編集部では読者からの投稿を元に、このほと、静岡県の最南端・下田市へと向い、現地取材を敢行した。
「地元では割と知ってる人もいるんじゃないですかね。ただ、基本が高齢者ばかりの町なんで、夜は早く寝てしまう家が多いんですよ(苦笑)だからいくらUFOが飛びまくっていても、誰も気付かないんじゃないですかね」(地元フリーター)。




なんでも、聞くところによると下田市は、以前からUFO愛好家たちの間では知る人ぞ知る観察スポット。一晩の間に数機を一度に目撃できたケースもあるのだという。最近ではそうした噂を聞き付けて、全国各地から集る愛好家たちが増えつつあるようだ。

「それがホントなら嬉しいですね。是非とも観光資源として活用できれば…」(地元観光業者)。かつて黒船に乗ったペリー提督がやってきた“開港の町”である下田。もしかすると異世界の人々にとっても、ここはそうした意味を持つ場所なのかもしれない。<文化部デスク>


★デコメ完全無料!!




【芸能】人気アイドル・Aの“ご奉仕写メ”がネット上に流出!?

昨今はWinnyやshareなどのファイル共有ファイルで、素人カップルたちの痴態が流出するという事件が相次いでいるが、ここへきてトンデモない噂が舞い込んできた。なんと、現在テレビなどで活躍中の某アイドルの“濃厚エロ写メ”が出回っているというのだ。




「流出した写メは全部で6枚。部屋で撮られた画像で、Aと思しき女性が男性の敏感な部分に“ご奉仕”しているという内容です。おそらく男の方がケータイのバックアップにPCを使い、そのPCでファイル共有ソフトで遊んでいて流出してしまったんじゃないでしょうか」(IT系ライター)。




アイドル・Aと言えば、これまでもお宝雑誌などでイケメン彼氏とのラブラブプリクラを発掘されてしまったり、朝帰りデート姿などもスッパ抜かれている人物。それだけに、今回の怪情報も単なる噂と片付けるのは早計かもしれない。もっとも、編集部でチェックしてみたところ、画質が粗く、本人とは断定しがたいものだったのだが…<芸能デスク>


★7件目までOK!すぐ審査即日振込





【スポーツ】助っ人外人・Sに電撃解雇の噂

先日は某在阪球団の人気選手・Hに電撃トレードの噂があるという話をご紹介したが、今度は同チームでプレイする外国人選手の話。なんと最近になってH選手の電撃トレードに続き、S選手の途中解雇が検討されているというのだ。

S選手と言えば、かねてよりO監督と不仲が噂され、昨シーズンも試合中にS選手が独断でサインを無視し、O監督がベンチで「バカヤロウ!」と激昂する一幕もあった。
「もともと昨オフにズレータ(現・ロッテ)やラロッカ(現・オリックス)の獲得に動いた時期もあったんです。しかしSは球団主脳に讒言し、2人の獲得を見送らせたと言われています。そういう経緯があるだけに、今季不振のSの処遇は目に見えています」(球界関係者)。

たしかに今シーズンの同球団は、Sをはじめ、主力選手が軒並み今一つの活躍。このままの状態が続き、クライマックスシーズンへの参戦も危うくなれば、この話、途端に現実味を帯びてきそうな気配だ。<スポーツデスク>

★スタッフィ



【スポーツ】某在阪球団のスター選手に電撃トレードの噂

今年はセ・リーグでクライマックスシリーズが導入されるなど、なにかと興味深いプロ野球だが、ここにきて、ある噂が球界を駆け巡り、話題となっている。それは「在阪人気球団・HTのスター選手・Hが電撃トレードされる」との噂だ。

「球団主脳はH選手の入団以来ずっと目をかけ続けてきたんですが、いかんせん怪我持ちですし、波が大きい。素材としては一流ですが、そろそろ我慢の限界というわけです」(球界関係者)。

たしかにH選手と言えば、“和製大砲”として入団当初から期待され、球団経営陣をはじめ、歴代の監督やコーチが格別の思入れを持ち続けている選手。それはFAで現在の主砲・Kを獲得した今も変わらず、絶えず「将来は4番に」との声が多い存在だ。だが、それでいてH選手は怪我が多く、天性のセンスで好成績は残しているものの、ある意味、「計算が立たない選手」であるのもまた事実だ。

「昨オフは横浜が地元生え抜きの主砲・多村を思い切って放出しましたが、Hの場合も同じようなケース。以前にも増して球団経営は厳しくなっていますから、そういうシビアな展開もこれからどんどん増えていくでしょう」(前出関係者)。

裏金問題にTV中継視聴率の低下など、たしかに昨今の球界は、なにかとお寒い話が少なくない。H選手の電撃放出はまさにその打開策の1つと言うわけだ。しかし、H選手を放出するという同球団は、その代償として一体どこの誰を獲得しようというのか。

「現在、水面下で進められていると噂されているのは、ソフトバンクの人気内野手・K&捕手・Mのペア。Kについては現在怪我の治療中で、回復のメドは立っていませんが、それをさっ引いて、ある意味“つりあい”がとれているのでしょう。なお、ソフトバンクからそのペアを獲得する場合、HTからはH選手とF内野手をペアで放出する可能性も噂されています」(前出関係者)。<スポーツデスク>

【芸能】あの芸能人夫婦に離婚の危機!?

ひと頃の青年実業家と芸能人の結婚ブームは一応の沈静化し、最近では再び芸能人同士の結婚が目立つようになってきたが、そんな中、ある芸能人カップルが破局に危機にあるという。
「ダンナの方は以前に前科(=浮気スクープ)がありますからね。正直、またか…という感じですよ」(芸能ライター)。

その“前科持ち亭主”とは、ほかならぬ人気お笑いコンビSのI。結婚前から芸人界きっての“種馬”として知られ、元子役・Aとの入籍後も、妊娠中の浮気が発覚するなど、なにかと“おイタ”の多い人物。そんな彼の中に潜む“悪い虫”が、最近になって再び活動を開始したというわけだ。

「(夫人から)“今度やったら離婚”と言われてますから、彼なりに考えて、今回はバレないように素人さんと交際しているようです。私も写真を見ましたが、柴咲コウ似のなかなかの美人さんでしたよ」(前出ライター)。
なんでも、夫人の目を盗んで、週2ペースで密会を重ねているというI。さすがにすぐにはスクープされないと思うが、コンビ名よろしく、スピード離婚などといった展開にならぬといいのだが…


<芸能デスク>




■カンタン入力で限度額を一括審査

【芸能】人気グラビアアイドルのプライベート画像が流出!?

昨今はファイル共有ソフトを介した個人情報流出事件が相次いでいるが、なんとその中に、ある現役グラビアアイドルの兄弟のものが含まれているということが、最近明らかになった。



問題のファイルは先月25日頃からP2Pソフト・shareのネットワーク上に流出しはじめ、現在はまださほど個体数を持つに至ってないようだが、既に同ファイルを拾得したユーザーによると、その中身は“かなりのもの”なのだという。
「いわゆる“シャレタマ系”と呼ばれる流出ファイルなんですが、中身は若いカップルのハメ撮り画像が中心なんです。けど、1つ1つ見ていくと、その中に人気グラビアアイドル・Yのプライベート画像が多数混ざっているんです」(あるshareユーザー)。



グラビアアイドル・Yと言えば、最近はグラビアのみならず、テレビ番組の出演も目立つ売れっ子アイドル。そんな彼女のプライベート画像が多数紛れ込んでいるというのだ。
「ハメ撮り画像に映っている若い男はYとソックリだし、Yの画像も、どう見ても実家としか思えない場所で撮られているので、(画像を流出させてしまったのは)おそらく彼女の兄弟なんじゃないかと思います」(あるshareユーザー)。




なんでも、Yの画像の中には、兄弟でフザケて撮ったと思しきセミヌードなど、グラビアでは見れないような“ギリギリショット”も多く含まれているのだという。現在のところ真偽ほどはまだ定かではないが、いずれにせよ、Yのファンにとっては気が気ではないニュースと言えそうだ。<芸能デスク>





【社会】日当わずか1万円で拘束される裁判員制度

最近になり、マスコミ上でも取り上げられる回数が増えつつある裁判員制度。しかし、このほど明らかになったところによると、2009年度に始まる同制度において、裁判員として選ばれた国民が手にできる日当は、上限1万円になる見通しなのだという。




しかも、それまで最高裁事務総局は8000円が妥当との空気があり、少しでも日当を上乗せして国民の参加意欲を高めようと、この額になったというが、+2000円程度で意欲を高められるという見通しの甘さは、いかにもお役所的だ。




ましてや、この金額を決めた司法関係者が、一体いくらの報酬を手にしているかを考えた時、その腹立たしさはひとしおである。これでは、どの国民にとっても“割に合わない役割”となってしまう可能性が高い。




ちなみに、裁判員は平均して3日以上の拘束される可能性が高く、審理の状況によってはその時間も園長されるが、勿論、そうした場合も残業手当などはつかない見通しとのこと。なんともトホホなお役目だ。<社会部デスク>





○安心♪即日♪簡単審査♪☆87%の融資率達成☆


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。