FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会・事件】スパ爆発のユニマットグループ、実はトラブルの“常連”だった?



今月19日、東京渋谷のスパ施設で起きた爆発事故を受け、警視庁は26日、同施設の運営を行っていた「ユニマットビューティーアンドスパ」の連なるユニマットグループ・高橋洋二代表(64)から事情聴取を行う方針を明らかにした。

事故後、同社のサイトで公開されている『お悔やみとお詫び』

(C)株式会社ユニマットビューティーアンドスパ(http://www.shiespa.com/info/pop.html)

ユニマットと言えば、一般にはオフィス関連の商品を扱う業者として知られているが、年々その事業は多角化の一途を辿り、それに伴う形で各種のトラブルが発生していたと言われている。事実、今回のスパ施設爆発事故に限らず、以前は沖縄西表島で大規模観光開発を計画、環境破壊を懸念した地元住民らが不買運動を起こすなど、その企業倫理は独特の“香ばしさ”を醸し出しているのが実情だ。



以前、同社のグループ企業に勤務していたという男性は我々の取材に対し、次のように証言する。
「そもそも急速に、かつ不必要に肥大化した感は否めませんね。そういう組織だからこそ、“イケドン”な感じで事業が進んでしまう。当然そうした形で万事が進められれば、こうした事故が起きるのもある意味、納得。(当局も)それを見越して代表の聴取を決めたのではないか」(元関連会社社員の40代男性)



事件の全貌が明らかにされていない現在、同社の実態について一方的なバッシングを展開することは些か早計であり、そうした行為は、それこそ、不二家騒動に乗じて大失態を仕出かした某“南鮮系メディア”にでもお任せしたいところだが、いずれにせよ、この事故で尊い人命が失われたことは紛れもない事実である。そういう意味では、果たして“事故”なのか、“事件”なのか、事の真相が気になるばかりだ。もっとも、同グループから多額の広告料をせしめている大手メディア各社が、どの程度彼らを叩きに入るかは未知数なのだが…



※ちなみにまったくの余談ではあるが、不二家騒動の際の某大手メディアとは違い、我々が今回取材した元社員男性は、いわゆる“仕込み事務所”から調達した“エキストラ”ではないということを、念の為、最後に付記しておきたい。もっとも、そのでいで、顔写真等の撮影は許可してもらえなかったわけなのだが、“ガチ”というのは、得てしてそういうものである。

<社会部デスク>



<関連記事>
『渋谷の温泉施設爆発 「ガス滞留、大惨事」 事前に報告書』
『渋谷スパ爆発 安全意識の低さ浮き彫り 検査行わず』
『ユニマット代表、聴取へ…ガス危険性の引き継ぎ有無を確認』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gachi88.blog109.fc2.com/tb.php/36-c6c94165

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。