スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能・エンタメ】現時点で7組!? 実はほかにもいる?“レッドゾーン”な芸能人カップルたち



昨日12日発売の女性誌で、別居が報じられた元SPEEDの今井絵里子と、175Rのボーカル・SHOGO夫妻だが、実際のところ彼ら夫妻が本当に記事の報じている「離婚が時間の問題」なのかは別として、かねてよりこうした不仲説が囁かれているカップルは少なくない。


『ルージュ(1~3話)』

¥1,974@DVD-outlet


たとえば、様々なトラブルの末に破局した中村獅童・竹内結子夫妻はその典型で、業界内では中村サイドの事情が露見するよりもずっと前から、「離婚は秒読み」とされており、むしろ「知らぬは当事者ばかりなり」といった様相を呈していたというのが実情だ。事実、その後数々のトラブルが発生するたびに二人の仲は悪化し、結局は現実が業界内下馬評を追いかけた格好となってしまった。


『175R(イナゴライダー)/LIVE!LIVE!LIFE?』

¥2,857@アサヒレコード


こうしたケースのように、芸能人夫婦・カップルにおいて、当事者たちをよく知る周囲からは、離婚を想定した声が挙がっているにもかかわらず、当の本人たちはそれに気づかず、ましてや、なんら手を打つことなく、離婚まで一直線に進んでしまうというケースは少なくない。こうしたある意味“特殊”な、業界人カップルの習性について、ある芸能記者は次のように指摘する。


『竹内結子写真集たけうち 春夏秋冬☆直筆サイン入り 初版帯付(赤文字なしバージョン帯)』

¥11,990@ブックダッシュ 神田神保町のお店



「(芸能人カップルたちは)お互いに仕事があり、多くの場合においては、夫婦やカップル同士で過ごす時間よりも、スタッフやマネージャーやらといった仕事関係の人間と過ごすことの方は多い。そうなれば、お互いのことをよく知っているのは、どうしても、パートナーよりも仕事関係の人間ということになってしまいがち。その辺が、こうした一種の“ねじれ現象”を生んでしまうのではないか?」(某スポーツ紙芸能記者)




同氏によると、周囲から“破局の危機”を噂する声が漏れ出ている業界人カップルは、現時点で7組程度あるという。果たしてその何割が現実となるのかは定かではないが、いずれにせよ、そうした“危機”に気づかないのが、彼らのスタンダードなのかもしれない。


<芸能デスク>

【関連情報】
今井絵理子が別居「離婚時間の問題?」(スポーツニッポン@Yahoo!ニュース)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070712-00000019-spn-ent:PC用リンク


今井絵理子が別居「離婚時間の問題?」(スポーツニッポン@Yahoo!ニュース)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070712-00000019-spn-ent:ケータイ用リンク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gachi88.blog109.fc2.com/tb.php/43-afa55aab

今井絵理子

今井絵理子今井 絵理子(いまい えりこ、本名:木下 絵理子(きのした えりこ)、(旧姓:今井)、1983年9月22日 - )は、沖縄県那覇市出身の歌手、女優。アイドルグループSPEEDのメンバーとして1996年にデビュー。1998年SPEEDのシングルのカップリング曲

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。