スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】石田効果も関係なし?民主躍進、自民大敗へ



※本記事は記事中にYoutubeへの動画リンクが読み込まれるため、携帯アクセスのユーザーの皆様は、一部、ご覧頂けない箇所がございます。予めご了承下さい。

昨日お伝えした民主党・平岡代議士秘書・石田敏高氏による“ブログ炎上事件”や、その前に起きた横峰パパの失言騒動、さらには中越地震で飛び出した末松代議士の“珍道中発言”の影響は一切なかったのか、どうやら今回の参院選は民主大勝、自民大敗という結果に落ち着きそうな見通しだ。

目下“炎上中”の『石田日記』



そうした結果を受けて、早くも民主の熱狂的な支持メディアでもあるTBS系などでは、喜々としてその躍進と、自民の吊るし上げ報道を繰り返しているが、こうした民主・親鮮、親中共メディアはもとより、多くの大手メディアが、選挙期間中、民主の失態についてはほとんど触れずに小沢代表の“地道な選挙活動”について提灯報道を繰り返し、その一方で年金問題・失言騒動・さらには赤木大臣問題などをネタに与党サイドを叩き続けたのは、なんとも解せぬものがある。特定の組織・人物が意図する内容を、無防備な受け手に対して垂れ流し続けるという彼らの手法は、ジャーナリズムも何もあったものではないだろう。

渦中の石田氏

余談だが、昨日の石田ブログ炎上に対する“音速削除”を見ても分かるように、こと、最近の民主サイドは、以前とは比べ物にならないくらいに、ネット世論に対するプロテクトがよりスピーディーかつ、レベルアップしているように思われてならない。これはTBSが亀田騒動の際に行ったとされる一連の“もみ消し”活動を彷彿とさせるものがある。当初は『2ちゃんねる』住人たちにこっ酷くコケにされていた某ネット世論操作企業の工作スタッフや、わざとらしい庶民派CMを企画・制作した大手広告代理店も、最近ではなかなかのいい仕事をしているようだ。



いずれにせよ、今回の選挙で“既定路線”のシナリオが、また1つ確実に前進するだろう。その結果、“庶民の味方”を自称する連中が私腹を肥やし、三国人に選挙権が与えられ、それとは逆に普通の日本人が苦境に立たされるようなことがあったとしても、致し方ないことなのかもしれない。得てして民衆とはそうした負の選択をとってしまうものなのである。



『選挙前になると野党ひいきになるマスコミ』@Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=cfQaitjikzA

<政治部デスク>
スポンサーサイト

コメント

サプリメント

サプリメントを探すなら http://www.takeonemusik.com/100938/100988/

二世帯住宅を建てよう

二世帯住宅の検索サイト。間取り図、価格、間取り、プラン、固定資産税など二世帯住宅に関する各種情報をお届けしています。 http://fabricate.portocallrestaurant.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gachi88.blog109.fc2.com/tb.php/52-722eed47

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。