スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】またもや中国が暴挙…太平洋の二分割をアメリカに提案


※本記事はYoutubeへの動画リンクが読み込まれるため、携帯アクセスのユーザーの皆様は、一部、ご覧頂けない箇所がございます。予めご了承下さい。

自国で生産している“時限爆弾製品”を世界各国にバラ撒き、人々を不安に陥れている巨悪国家・中国が、またもやおかしなことをやらかしていることが、米紙『ワシントン・タイムズ』の報道で明らかになった。


『カメラが見た中国軍の実像』@Youtube(PCのみ)

米紙『ワシントン・タイムズ』が17日付の記事で報じたところによると、キーティング米太平洋軍司令官が中国を訪れた際、中国側の軍事当局者との会談で、彼らが太平洋を東西に分割し、中国と米国で共同管理することを提案されたという。無論、キーティング氏はこの仰天提案を即座に拒否、米太平洋空軍・へスター司令官も「空間を誰にも譲らないのが、われわれの方針だ」と記者団に述べた。


『恐るべき中国part1』@Youtube(PCのみ)

こうした中国国内の動きに対し、かねてより中国人ロビイストたちからの賄賂工作によって、既に出先機関と化している媚中派の米国議員たちは、一定の理解があることをこぞって表明。しかし大多数の上下院議員や軍事関係者は、日本をはじめとする同盟国との関係が悪化する可能性や、今後、中国があまりに時代遅れな帝国主義的侵略を行う可能性を危惧し、否定的な意見であるという。


『中国共産党の正体PART1-1』@Youtube(PCのみ)

そもそも、中国と言えば、なにかにつけて太平洋戦争時の話を持ち出しては、日本を侵略国家だと罵り続け、そのたびに小銭を引き出そうと躍起になる、いわば東アジアを代表するチンピラ国家であるが、ことあるごとに自国がアジアの平和を守る大国であると喧伝する彼らが、今回、日本をはじめ、多くの太平洋上の国家の存在を無視し、「太平洋を我々とおたくらで2分割しましょう」と提案するという暴挙に出たのだから驚きである。一体彼らの言う「平和」とは、一体如何なるものなのだろうか。


『反日韓国 中華思想の宿痾 2006年5月8日@TVタックル4/4』(PCのみ)。反日学者・福岡政行氏が大暴れ。彼らの教え子たちは、現在民主党内で中韓両国の利益を守るために日々、努力している。

最近では、自国の利益を無視し、ひたすら中国に媚びては、その恩恵に頬をほころばせている反日・売国系勢力が我が国の中にも無数にはびこっているが、現状として彼らは、常に日本が中国に対して低姿勢の外交で臨むことを主張し、それがさも国際政治の観点から見て常識的なものであり、平和につながるものであるかのように騙り続けている。だがその結果、増長しきった中国は、太平洋の覇権を我が物にしようと、今回の暴挙に出た。今回のこの件について、中国共産党の出先機関と化している、日本共産党や社民・民主、さらには与党内の二階俊博・河野洋平らといった媚中派の大物代議士や、勝手に中国側と水面下外交を行っていると噂される田中真紀子氏あたりに、是非ともその見解を伺いたいものである。


『井筒和幸 - 反日ここに極まれり』@(PCのみ)。反日系左翼文化人として知られる井筒氏が熱弁を振るっている。出所の怪しい金が懐にある人間はえてして反日に傾くのがトレンドのようだ。

もっとも、論点のすげかえや逆切れ主張を好む彼ら反日勢力に、何を言ったところで結果は見えているのだが。

<政治部デスク>
スポンサーサイト

コメント

有害液体汚染防止管理者

有害液体汚染防止管理者とは、有害液体物質を船舶で輸送する際に、作業設備や作業方法に関して船長に提案したり、有害液体輩出設備や作業装置・器具などの点検、事故が起きた場合に必要な資材の維持などを行う専門家を認定する国家資格 http://material.wglorenzetti.com/

中央競馬騎手

中央競馬騎手とは、中央競馬会(JRA)が開催する競馬の騎手のこと http://reroted.ellingtonrecords.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gachi88.blog109.fc2.com/tb.php/72-2bf61c0c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。