スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【教育】夏休み特別企画・読書感想文で高得点を狙える!?オススメ本

このシーズンになると、某大手サーチエンジンでは、人気の検索ワードとして“読書感想文”に関するフレーズが急上昇してくると言われているが、実際のところ、先日本誌でもご紹介した「卒論代行屋」ではないが、読書感想文の、いわゆる“テンプレ”的なものを配布しているサイトは多数存在し、このシーズンの“風物詩”的にそのアクセス数を急増させているようだ。だが、実際のところ、最近ではこうしたサイトの内容を逐一チェックして回るセンセイも少なくないようで、教え子たちから回収した作文を、サイトの内容と照らし合わせ、容赦ない採点を行うセンセイも多いのだという。要は「パクリはバレバレ」というワケだ。

そこで今回は「夏休み特別企画」ではないが、本誌編集部のスタッフが現役の生徒・児童に対して、「この本で読書感想文を書いて欲しい!」と期待する本をそれぞれ挙げてみることにした。無論、参考になる可能性は極めて低いと思われるが、本誌を読んでいる健全な青少年や、宿題に追われるお子様をお持ちの御父兄方は、ネタ半分で以下、ご一読頂きたい。

まずは小学生向けの書籍から。


『いきものちょっといい話』

著者:中村浩之/三上昇@三才ブックス


<選者談>
この本は、いわゆる「動物のいい話」を並べて、子供にもわかりやすく紹介しているもので、対象年齢としては、下は小学校低学年から、上は中学校2年生くらいまでカバーしていそうな感じ。要は“泣ける話”が多いのだが、この手のネタは万人受けするし、御存知の通り昨今は殺伐とした御時世であるから、こういう本を読んだ上で、「改めて命の尊さを実感した」「私が生まれてきた意味、生きる意味を考えさせられた」という、若干、左翼的なお花畑コメントを連発すると、教師ウケも悪くないハズ。欲を言えば、本書で紹介されている事例を挙げつつ、「動物ですら親子の絆が強く結ばれているのに、肉親の命を奪う事件が多発しているのは実に悲しむべきことだ」というような、社会に対する問題提起的なコメントを入れると、センセイ目線では嬉しいだろう。(選者:社会部デスク)

次に中学生向けのオススメ書籍は…


『楢山節考改版』

著者:深沢七郎@新潮社



<選者談>
古い世代の読者には説明はいらぬかと思うが、この本は、端的に言ってしまうと、「食うに困った貧乏人が、口減らし目的で、年寄りを捨てに行く」という、なんとも破壊力満点の作品である。昔は貧困層の農民などは、実の親であっても、いわゆる“姥捨て山”に捨てたり、赤ん坊を“間引く”という荒技を実行せざるをえない状況に追い込まれたものなのだが、本書はそうした“重い世界”を見事に描ききっている。そういう世界を、現在の高齢化社会にダブらせ、その上で問題提起色を強めた内容で作文を書けば、おそらくかなり高得点が期待できるだろう。なお、内容的には中学生とそこから上の世代向けのものと考えるべきだが、小学生がこれをテーマに感想を書けば、おそらくそのハイブロウさにセンセイも驚くことうけあいだ。ちなみにまったくの余談ではあるが、この作品を元ネタとして映画も制作されている。読むのが億劫であれば、是非ともそうした映像ソフトを活用して欲しい。(選者:文化部デスク)


そして最後に高校生向けのオススメ書籍は…


『日本を呪縛する「反日」歴史認識の大嘘』

著者:黄文雄@徳間書店


<選者談>
いわゆる“自虐史観”を扱った書籍である。日本の戦後における歴史教育は、恐ろしいまでに左翼・親中&韓思想に毒され続けたが、それは言い換えるならば、我々日本人にとって、そのアイデンティティを削り取る教育であった。無論、そうした教育を支えて来たのは、団塊層を中心とする左派教師と、彼らが崇拝してやまぬ売国メディアや活動家にほかならないが、現在はそうした風潮に辟易し、反駁している人々も少なくない。そういう意味でこの本は「今が旬」と言える。無論、左派教員によって牛耳られ続けて来た学校教育という場において、こうした本をネタに感想文を書いて提出するというのは、なかなか度胸のいることではあるが、今や教員よりも保護者のパワーが強い時代。運悪く左翼教師にあたってしまい、納得できない得点しかもらえなかった場合は、保護者を担ぎ出し、騒ぐだけ騒いで抵抗すればいいことである。日頃、不遜極まりない態度で接してくる左翼教師を吊るし上げるにはもってこいのルアーと言えるだろう。(選者:政治部デスク)

…と、本誌編集部的にはこうした書籍を、夏休みの読書感想文の題材として使用することをオススメしたい。もっとも、既に御存知の通り、本誌編集部関係者はかなりの奇人が多いため、必ずしも万人向けとは言い難いのであるが。


公式サイトの限界!顔出し素人H画像
モバゲータウン無料!!ゲーム!デコメ!小説も
ギャル脱がせ放題ギャルズ★KISS♪




スポンサーサイト

コメント

毛母細胞と太ももダイエット

毛母細胞は毛根に存在していて、毛乳頭を取り囲む形で存在しています http://dative.crosstudio.net/

キサントフィルでダイエットに失敗?!

キサントフィルとはカロテノイド(カロチノイド)のうち、化学構造に水酸基をもつ化合物を総称してキサントフィル類と呼びます http://secretive.crosstudio.net/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gachi88.blog109.fc2.com/tb.php/73-5050c016

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。